過払い金請求 返済中

過払い金請求は
借金を返済中でも可能
です。

ただし、この場合
「任意整理」の扱いとなります。

では?

借金完済後に
過払い金請求した場合と
借金返済中に
過払い金請求(任意整理)した場合

どのようなデメリットがあるのか?
あらかじめシュミレーションしてみましょう。

借金完済後に
過払い金請求した場合
デメリットになるのは
①過払い金請求した消費者金融(カードローン会社)と
取引停止※訴訟の場合
②借金問題のプロ(弁護士、司法書士)に依頼した場合
費用の支払い

この2点のみです。

借金返済中に過払い金請求(任意整理)した場
デメリットになるのは
①過払い金請求した消費者金融(カードローン会社)と
取引停止※訴訟の場合
②借金問題のプロ(弁護士、司法書士)に依頼した場合
費用の支払い
③信用情報の公開(ブラックリスト)
新規カードローン審査不可。
※任意整理から5年以上

とシュミレーションできます。

実際、現在の借金状況にもよりますが
完済間近と言った場合には
借金完済後に過払い金請求した方が
将来を考えると良い選択肢と言えるかもしれません。

しかし・・・現状借金返済中で
借金完済のメドが立たない場合
過払い金が発生していれば
任意整理を行い、
借金相殺及び返金処理される可能性もあります。

いわば現在の借り入れ状況次第と言えます。
正直なところで素人に判断するのは
難しい場合も想定されるので
最も確実なのが、
借金問題のプロ(弁護士、司法書士)への
無料相談
です。

とはいえ、あまり
弁護士、司法書士への相談って

馴染みがなく、不安・・・。

そういった方は、簡易シュミレーターなどで
解決策を探ってみてはどうでしょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。