過払い金請求 計算

そもそも過払い金請求するには?
払い過ぎた支払利息があるのが第一前提となります。

 

正確な過払い金請求を知るには?
計算する必要があります。

 

具体的には計算方法として
ひき直し算」で
過払い金請求額を計算できます。

具体例としては、
借金した額 100万円
@支払った利息 25万円
A本来の支払利息15万円
過払い金請求 10万円

@−Aで計算できるワケですが
実際はもっと複雑
です。
上記を借金開始から現在まで(借金完済まで)
行う事で計算が可能
です。

 

借金の場合
1日あたりで支払した利息が変化します。
※借金の元本で変動。

 

過払い金請求される方の場合
少なくみても1年以上の取引がある事でしょう。

 

ネット上には
無料の過払い金請求のソフトもあります。
名古屋式」や「外山式」が有名かと思われます。
※エクセル形式。

 

私は、実際に「名古屋式」で
借金を1〜入力しましたが・・・かなり時間が掛かりました。
15年分ぐらいありましたので休みが1日つぶれました。

ちなみに、借金問題のプロ(弁護士、司法書士)に
「過払い金請求」を依頼する場合、
プロが正確に計算してくれます。
※だいたい2週間ぐらいで結果がわかります。

 

もし、過払い金発生しているか?
といった初期の大きな疑問を解決する場合
便利な無料のシュミレターで十分かと思います。

 

シュミレーションで知れる結果は?
あくまで、目安になりますが
大きな疑問解決につながるの
で使ってみる価値はあると言えます。

 

過払い金請求シュミレーション

 

 

 

トップへ戻る