過払い金請求 時効

今年、2016年(平成28年)には
「過払い金請求」の時効
を迎える方が出てきます。


まずは、ご自身の借金状況を
シュミレーションし、時効を迎えていないか?
確認する必要があります。

 

その際には【こちら】が便利です。

 

借金相談カフェ

 

 

「過払い金請求」の時効を含め
借金問題の解決方法を簡単にシュミレーション
できます。

 

必要項目・質問項目に入力するだけでOK

匿名かつ無料でシュミレーション可能です。

 

 

過払い金請求が始まったのが

2006年(平成18年)。


時効が消滅してしまうのが
借金完済から「10年」となります。

 

過払い金請求の時効を迎えてしまうと

本来、請求権利のあった 消費者金融やカードローン会社に対して

「過払い金請求」できなくなります。

2006年(平成18年)前後(以前)に
借金完済したという方は
早急に確認されると良い
でしょう。

 

また、2006年(平成18年)前後(以前)に
借金を一度完済したものの
再度、同じ消費者金融・カードローン会社に
借金を行った場合

基本的に「過払い金請求」の時効が延長となりますが
※いわゆる『継続取引
消費者金融・カードローン会社に減額される可能性があります。
上記のような方は
特に、借金問題に強いプロ(弁護士、司法書士)に
無料相談を行い確認
されると良いかと思われます。

 

 

トップへ戻る